2018年2月17日土曜日

口腔ケアでインフルエンザ対策!?

皆様こんにちは。

六本木からも近い麻布十番で歯周内科を得意としている女性歯科医師のクリニックです。


気温が低い日が続きますが、皆さんは体調を崩していませんか?

インフルエンザにかからないよう、予防注射を受ける方が年々増加しているようです。昨年は一時期、ワクチン不足が懸念されましたがそれも解消されたようで
よかったです。

インフルエンザのピークを迎えているようで、今年はインフルエンザA型、B型が同時流行しているという珍しい年でもあるようです。

さて、そこで今回は手軽にできる‘口腔ケアでインフルエンザ予防’ をご紹介しようと思います。

普段から皆さんは、インフルエンザ予防(風邪も含む)に‘手洗い’、‘うがい’ や ‘マスクの着用’ といった事は行っていると思います。

それに付け加え‘口腔ケア’をしっかりするとインフルエンザ予防にもなる’という事が報告されました。

口腔内の細菌は、インフルエンザウィルスを粘膜に侵入しやすくする物質(ノイラミ二ダーゼ)をだすために、口腔内ケアを怠って不潔になってしまうとインフルエンザや風邪に感染しやすくなるとのことです。

さらには、歯周病による炎症性物質がウィルスの感染を促進させてしまうそうです。

ある研究チームが、歯垢の中に含まれる細菌がノイラミ二ダーゼを産生し、ウィルス侵入の手助けをしていることを突き止めました。

また奈良県が行った介護施設の調査では、ブラッシングや舌磨きを講習を行ったところ、通常の歯磨き時よりもインフルエンザの発症率は1/10に減少したそうです。

インフルエンザにかかると、高熱がでてつらいですよね。でも普段のちょっとした心がけで、ウィルス感染予防になるので是非お勧めです。

また、口腔ケアを日ごろから行っていれば歯周病予防にもなります。

当クリニックでは、口腔ケアにも力をいれており皆さまの健康をサポートしております。

お口のちょっとした疑問やお口の状態が気になる方は、ぜひお気軽にご相談くださいね!

http://www.azabu-msdental.com/




2017年12月28日木曜日

むし歯菌だけを溶かす酵素!?

皆様こんにちは。

六本木からも近い麻布十番で歯周内科を得意としている女性歯科医師のクリニックです。


’むし歯’ や ’歯周病’ は皆さんにとっても、歯科医師にとっても永遠のテーマかもしれません。

「むし歯になったことがない!」「歯周病とは無縁です!」という方は殆どいらっしゃらないのではないでしょうか。

口は食べ物が入る最初の通り道、そして外界とも通じているため何千種類もの細菌やウィルスに暴露されやすい部位でもあります。

そんな中、広島大の菅井教授のグループが、むし歯の原因菌のみを溶かし、善玉菌を残す酵素を世界で初めて発見し実用化に向けて研究が進んでいるそうです。

その酵素は「Aml」と名付けられ、サリバリウスという善玉菌を残したまま、ミュータンス菌とソブリヌス菌だけを特異的に溶かす性質を持つそうです。

科学の進歩は素晴らしいですね。今後に期待しましょう!






http://www.azabu-msdental.com/

2017年12月9日土曜日

正しいオーラルケアとは?(後編)

皆様こんにちは。

六本木からも近い麻布十番で歯周内科を得意としている女性歯科医師のクリニックです。


前編では、シドニー大学 エバンス准教授のむし歯調査による「ほとんどのむし歯は削る必要はなく、正しいオーラルケアがむし歯の治療に有効である」というお話をしました。

それでは、正しいオーラルケアとは一体何でしょう?

エバンス准教授はオーラルケアとして Caries Management System(CMS)という方法を提唱しています。

・初期段階のむし歯に高濃度のフッ素塗布治療を施すこと
・正しい歯磨き方法を身に着けること
・スナック菓子や砂糖の入って飲み物などの間食を控えること
・むし歯の経過を観察し続けること

を挙げています。むし歯があったら、すぐに削って詰め物をして終りという治療ではなく、歯科医師と協力して継続的に治療・経過観察をしていくことが重要であると報告しています。

むし歯が大きくなる前に、初期の段階で治療ができたらとても嬉しいですね。

しかし、一番大切なことはむし歯ができないようにケアを続けていくことです。

これはむし歯に限らず歯茎の病気(歯周炎)の予防にもとても大切なことです。

当クリニックでは、このオーラルケアを皆さまに提供しております。皆さまの歯の健康をサポートし、1人1人に合ったオーラルケアをご提案させて頂いております。
どうぞお気軽にご相談ください。



「歯磨き イラスト 無料」の画像検索結果






http://www.azabu-msdental.com/

2017年12月2日土曜日

むし歯は削る必要ない!?(前編)

皆様こんにちは。

六本木からも近い麻布十番で歯周内科を得意としている女性歯科医師のクリニックです。


一般的なむし歯の治療といえば、’むし歯を削って詰め物をする’というものですね。むし歯を見つけたら、早期に削り取るのがよいと歯科学会でも提唱されてきました。

ところが最近の研究により、その定説が覆されようとしています。


シドニー大学のウェンデル・エバンス准教授らの研究チームは1000人の患者さんを対象に、7年間にわたり治療に関する調査を行ってきました。

実験では従来通りの方法で、ドリルでむし歯を削って詰め物をするグループと、
ドリルで削らずに高濃度のフッ素塗布をしたうえで、菓子類や間食を制限する’オーラルケア’と呼ばれるグループとに分けてむし歯の経過を観察しました。

その結果、オーラルケアグループのむし歯は30%~50%が減少し、中でも1年間に2本程度のむし歯治療が必要とされるむし歯ハイリスクグループに関しては、むし歯の減少率が80%も高かったことが調査で分かったそうです。

この結果から、エバンス准教授は「ほとんどのむし歯のケースでは、ドリルで削って詰め物をする必要はなく、オーラルケアの方がむし歯の治療には有効である」と結論づけました。

しかし、むし歯が進んで大きな穴が開いてしまったむし歯にはこの方法は有効ではなく、従来通りのドリルで削って詰め物をする治療法しかないとのこと。

あくまでも、むし歯は発生してから一定の時間内の比較的小さな状態のむし歯にはドリルで削らずに正しいいオーラルケアで治療できるとのことです。

それでは、正しいオーラルケアとはいったいどういうものなんでしょうか?

それは次回のお楽しみに!

http://www.azabu-msdental.com/








2017年11月25日土曜日

唾液の酸化還元電位とは!?

皆様こんにちは。

六本木からも近い麻布十番で歯周内科を得意としている女性歯科医師のクリニックです。

人間は酸素を利用して、体内のエネルギー代謝システム駆動させて生きています。

古くなったクギの表面が赤茶色に錆びたり、向いたリンゴの表面が変色するのはよくご存じでしょう。

これらはすべて「酸化」現象です。

皮膚にシミやソバカス、しわができるのも「酸化」作用によるところが大きいです。

ところが、その逆もあります。これを「還元」作用といいます。この状態になると、酸化が止まるので、ものが腐ったり老化したりするのを遅らせることが出来ます。

このように自然界では常に酸化還元反応がおこなわれているわけですが、私たちの体内でも常に休むことなくこの酸化還元反応がおこなわれているのです。

今は一般的に知られるようになってきた活性酸素が体内で増えると、その強力な酸化作用で細胞が損傷し、病気や老化の大きな原因になります。

実は、人の「酸化還元状態」は、唾液の「酸化還元電位」を調べることでわかるようになってきました。

「酸化還元電位」が低いということは、、電子を放出しやすい状態で、還元力が強い状態です。

逆に「酸化還元電位」が高いと電子を取り込みやすく、酸化力が強い状態です。

測定値で+50V以下であれは酸化力は弱く、マイナスになればなるほど還元力が高くなり健康度が高まった状態といえるのです。

横浜の小児科の岡澤先生が、長い間多くの子供を中心にの酸化還元電位を日常臨床で測定されていらっしゃいます。

乳幼児から80代までの3500人を超える検査結果をまとめていらっしゃいます。

それによると、健康な子供たちの唾液の酸化還元電位はマイナスレベルが多く、高くても+20Vくらいだそうです。

子たちで+50Vにもなっているとかなり具合の悪い状態だとおっしゃっていました。

http://www.azabu-msdental.com/

2017年11月16日木曜日

唾液のチカラ その3 唾液に含まれている成長因子

皆様こんにちは。

六本木からも近い麻布十番で歯周内科を得意としている女性歯科医師のクリニックです。

前回に続き、今回も唾液のお話です。
今回は、唾液に含まれている成分のお話です。

成長因子とは、細胞の増殖や成熟をうながすたんぱく質のことです。

現在唾液の中から2つの成長因子が見つかっています。

ひとつは粘膜や血管などの細胞の増殖を促すEGF(表皮成長因子)で、皮膚や粘膜が傷ついたときに、それを修復するように働きます。

動物が傷口をなめるのは、消毒のほかに傷を早く治すためでもあるのでしょう。

もうひとつはNGF(神経成長因子)と呼ばれる神経細胞の成熟をうながす物質です。

マウスの唾液腺を摘出して成長を観察すると、歯が生えてこなくなったり、毛のツヤがなくなったりまぶたが開かないなどの成長不順や神経系の障害が現れました。

そこで、唾液には成長に関係する特別な成分が含まれているのではないかと考え、ついに唾液の中にEGFNGFが存在していることを突き止めたのです。

この業績でアメリカの生化学者スタンリー・コーエンは1986年にノーベル生理学・医学賞を受賞しています。

NGF最初脳の大脳皮質から見つかりましたが、その作用から大脳の働きの活性化に作用するといわれています。

つまり学習能力や集中力を高めることに関与していると考えられているのです。

さらに身体を動かすスポーツや日常活動で、集中力を養っている可能性が高いとも考えられてもいます。


例えばガムを噛んで唾液をたっぷりと分泌させるとNGFの効果で集中力が高まる可能性が大いにあるのです。

http://www.azabu-msdental.com/


2017年11月13日月曜日

唾液のチカラ その2 噛むこと、唾液、そしてむし歯

皆様こんにちは。

六本木からも近い麻布十番で歯周内科を得意としている女性歯科医師のクリニックです。

昔から唾液の多い子は元気だと言われています。

唾液の中には、カルシウムやリンといった、歯を作っていくイオンも含まれています。

たくさん分泌される唾液は、細菌が糖から作った酸を薄めて、歯の表面が酸で溶けるのを防ぎ、融けかかった歯の表面が元の状態に戻るのを助けています。

アナタの口の中では、食べたり飲んだりすることで、歯の表面が溶けたと思えば、唾液がそれをすぐに修復するというという、ダイナミックなドラマが絶えず繰り返されているのです。

生えたての歯の表面は素のエナメル質の結晶がしっかりと成熟していません。

ですからとてもむし歯になりやすいのです。

その後、時間とともに唾液などの働きによって丈夫な歯になっていきます。

良く噛むことは唾液の分泌を促すので、むし歯予防につながっていくのです。

「指しゃぶり」をする子供は、むし歯が少ないという報告があります。

「ゆびしゃぶり」という癖は、それが刺激となって唾液の分泌をうながしますからそれによってむし歯の予防がなされていると考えらます。

昔は、指しゃぶりは歯並びが悪くなる原因になる、あるいは汚いという理由で早々に辞めさせるような指導でしたが、五歳までにやめれば、歯並びが悪くなることもないという指導に変わってきています。

欧米では乳幼児が“おしゃぶり”を吸っているのをよく見かけます。

乳幼児のむし歯が日本に比べて少ないのは、このためかもしれません。

日本には古来から「歯固め」という習慣がありました。

「乳児の玩具を噛んだりしゃぶったりして、歯ぐきを固める」と、辞書にはあります。

あごの発達と唾液の分泌をうながして、生えてくる乳歯を手助けしていたと考えられます。

最近は、指しゃぶり同様に、この「歯固め」という習慣もすたれてしまっているようです。

しっかり噛むことはあごの正常な発達をうながすとともに、虫歯を予防することにもなるのです。


http://www.azabu-msdental.com/